阿蘇神話

熊本県阿蘇市にはたくさんの神話が伝わります。

神武天皇の孫神の健磐龍命(たけいわたつのみこと)が阿蘇神話の主人公です。太古の昔、阿蘇が湖だったころから健磐龍命は人が住めるようにつとめました。

蹴破り神話

太古の昔、神武天皇の孫神である健磐龍命が高千穂から阿蘇に向かってこられました。

当時、阿蘇は外輪山に囲まれた巨大な湖でした。

命は考えました。

「この湖の水を干せばよい田んぼが作れる」と。

そこで外輪山の一角を蹴破ろうとしました。

はじめ外輪山のもっとも低いところに蹴りかかりましたが、二重の谷になっていて蹴破ることができませんでした。それでこの峠を二重峠(ふたのえとうげ)といいます。

二重峠

次にやや南の立野火口瀬(たてのかこうせ)(阿蘇長陽村阿蘇長陽大橋あたり)に蹴りかかると、今度はうまく蹴破れました。

立野火口瀬近く
立野火口瀬近く

その時、命が尻もちをついて倒れて「立てんのう」と言った、その言葉が「立野」の地名になったといいます。

鯰伝説

命が外輪山を蹴破った時、阿蘇谷の半分にもなる大鯰が姿をあらわしました。命が「どいてくれないか」というと、鯰は首をうなだれて去っていきました。その後命は、鯰の霊をまつるため鯰社を建てたといいます。阿蘇市一の宮町の国造神社内に鯰神社があります。

一説に鯰は熊本県上益城郡嘉島に流れ着いたといい、鯰三神社があります。

鯰三神社

鯰三神社

たどりついた鯰を食べようとして切り身にすると、六籠…カゴ6つぶんになったというので、六嘉という地名も残っています。

鬼八伝説

健磐龍命に鬼八(きはち)という家来がいました。ある時尊は往生岳(おうじょうがだけ)から外輪山の「的石(まといし)」まで矢を射る練習をしていました。

的石

的石

放った矢を拾ってくるのは鬼八の役目でした。しかし疲れ果てた鬼八は100本目でイラッとしてケリ返しました。

「けしからん!」

命は怒って鬼八を追いかけていき、ついに高千穂で首をはねました。

鬼八は死に際に「天に上って霜をふらす」と怨みの言葉を残しました。

その後、阿蘇谷に霜がおり、穀物が枯れました。

「鬼八の怨霊が祟っているのだ」

と恐れた尊は、鬼八の霊をまつり火焚き神事を行いました。熊本県阿蘇市役犬原(やくいんばる)の霜神社と、そこに伝わる火焚神事がそれです。

夜峰

健磐龍命の后・阿蘇都媛(あそつひめ)が身ごもりました。

姫は身重の姿を人に見られることを嫌ったので、命が一晩で山を築き、山の陰に産屋をつくりました。

この山が現在、阿蘇の西南端にある夜峰山(よみねやま)です。

そして夜峰が崩れないように、釘を打ちました。これが現在、久木野(阿蘇郡南阿蘇村)とよばれている地名のゆらいです。

根子岳

阿蘇には西から根子岳、高岳、中岳、杵島岳、烏帽子岳があり、阿蘇五岳と呼ばれます。その中に根子岳は他の山と違い山頂がギザギザになっています。それにまつわる伝説です。

阿蘇の5つの山は健磐龍命の子供たちでした。命は子供たちをたいそう可愛がっていました。その中に中岳はいちばん背が低く、なんども背伸びをするのだけれど背が伸びません。

そこで根子岳は、荻岳付近に住む鬼達に頼みます。

「お前たちの力で一晩で私の背を高くしてくれ」

鬼たちはよしきたと、荻岳のまわりから石や岩を運びを、中岳の頭の上に積み上げました。夜が明けるころには、一番背が高かった四男の中岳をも追い越してしまいました。

「ふひっひゃっひゃひゃ俺が一番!」

一番になった根子岳はいばりはじめました。ほかの兄弟を見下し、えらそうなふるまうようになりました。

健磐龍命はそれを見て、

「中岳め。いばりくさりおって。ねじけた根性叩き直してくれる」

竹の棒でばしぃー、ばしぃー、

中岳の頭を叩きまくると、中岳はもとの高さになってしまい、頭がギザギザになったのでした。

米塚

ある時、病気で、疲れた人が道端でへたれこんでいました。

「ひもじい…もうダメだ」

そこへ声をかける男がありました。

「どうなされた」

「何も食べてなくて…」

すると男はムクムクと巨大化し、巨人の姿となり、傍らの塚に近づくと、てっぺんをさすりました。すると巨人の手には米がドッサリすくわれていました。

「助かりました!生き返ります!」

後日、この不思議なことを人に語ると、

「それはきっと健磐龍命だよ」

と言われた、ということです。今も阿蘇中岳火口近くに米塚は残ります。

矢村神社

阿蘇神社の門前町商店街からちょっと脇道入ったところに、矢村神社があります。

矢村神社

武磐龍命が館の場所を決める際、これより東南2.5キロの坂梨から天に矢を放つと、この場所に落ちたので、ここに館を定めたといいます。

草部吉見神(くさかべよしみのかみ)

草部吉見神は健磐龍命の父(神八井耳命カムヤイミミノミコト)の弟、つまり叔父にあたります。

草部吉見神は父・神武天皇の命令で阿蘇の一部、治保郷(ちほごう)をおさめることになりました。

草部吉見神は治保郷につくと、この地を荒らす大蛇を退治することにしました。大蛇は吉ノ池(よしのいけ)にすみ、夜な夜な村を荒らして暴れまくっていたのです。

「どりゃあ!!」

草部吉見神は持ち前の腕力で、大蛇を打倒すと、

「グギャァアアァァァァ」

大蛇は血を流しながら逃げました。その跡が血引原(ちひきばら)、大蛇の死骸を焼いて灰にした場所が灰原(はいばら)という地名になりました。

草部吉見神のすまいは草をたばねて壁をつくったので草部という地名になりました。現在、阿蘇郡高森町に草部吉見神社があります。

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら