金太郎

スポンサーリンク

こんにちは。左大臣光永です。
成人の日、いかがお過ごしでしたか?
熊本はとても晴れた一日でしたので、
熊本城に行ってきました。20年ぶりぐらいです。

そしらぬ顔で忍者や侍が城のあちこちを歩き回っていたのが
楽しかったです。トイレから忍者が当たり前のような顔をして
出てきた時は、思わず笑ってしまいました。

さて、本日は昔話「金太郎」の話です。


http://roudoku-data.sakura.ne.jp/mailvoice/kintarou.mp3

金太郎というと、熊にまたがってお馬の稽古をしている
イメージですよね。

しかし、熊にまたがった以外に、
どんな物語があったでしょうか?

さあ、思い出してみてください。

桃太郎にも浦島太郎にも、「鬼退治」という主要な筋がありますが、
金太郎の物語は…熊に乗って、ハテ?それから?
という感じじゃないでしょうか。

むかしむかし相模国足柄山というところに、
金太郎という力持ちな子供がおりました。

金太郎の父親は酒田義家(さかたよしいえ)という強い武士でしたが、
いくさに負けて殺されてしまいました。
母親は幼い金太郎を連れて、
この足柄山に命からがら逃げてきたのです。

そして洞穴の中にすまいを作り、
畑を耕して命がけで金太郎を育てました。
そのかいあって、金太郎はすくすくと丈夫な子に育ちました。

むしろ丈夫すぎです。

ハイハイ歩きの頃にはもう
大きな石臼をひっぱるくらいの強さでした。

母親は金太郎に丈夫に育つようにと願いをこめて、
「金」の字が刺繍された赤い腹かけを作ってやりました。
これが今日まで有名な金太郎の目印となります。

それに真っ赤な肌、おかっぱ髪、くっきりした目、
健康に肥えた体、金太郎といえば
今も五月人形でその姿がよく知られています。

金太郎の遊び場は山です。

山には沢山の友達がいます。サル、鹿、いのしし、
ウサギ…みんなユカイな金太郎の友達です。

相撲をしたり追いかけっこして毎日楽しくすごしていました。

ある時いつものように相撲を取っていると、

「金太郎というのはお前か、
いくら強くてもクマにはかなわんだろう」

のしのし熊がやってきます。

にらみ合う金太郎とクマ。

うさぎの行司(ぎょうじ)がはっけよいと一声、
ダァーッと取っ組み合う金太郎とクマ。

がっちり組み合い、じりっ、じりっと押したり引いたり

みんな真剣に見守ります。

クマがここ一番の勝負をかけてグッと押してきたその時、
金太郎はすばやく右にかわし、
強烈な突き出しを決めます。

「ま、まいった!」

金太郎の勝ちです。

ワーーッ

まわりの動物たちは拍手します。

「お前すげえなあ」
「いやいや、お前もかなりのもんだよ」

クマは金太郎とガッシと握手し、
それ以来仲間に加わりました。

ある時みんなで栗拾いに出かけます。
クマにまたがった金太郎、イノシシ、サル、
鹿、ウサギといつもの仲間たちが
一列になって山道を進んでいきました。

ところが、崖のところに来ると橋が崩れ落ちていました。
これでは向こう側へ渡れません。
どうしようということになりました。

そこで金太郎は、「よし、おらに任せろ」と、
そばにあった大木にふんっと押しかかります。

まさかと、動物たちは思います。
いくら力もちの金太郎でも、この太い木は倒せまいと。

普段から真っ赤な肌をした金太郎が
ぐーっと力をこめてふんばるから、
なおさら真っ赤です。鼻息荒く、ぐぐーと押します。

すると、メリメリメリーと木は根元から折れ、
ズズーンと倒れてガケの間に橋をかけることができました。

みんなは大喜びで橋を渡り、栗をいっぱい拾って
その日は栗ご飯が美味しかったのです。

さて、こうした金太郎の働きをひそかに
見守っていた人物がいました。

源頼光(みなもとのよりみつ)という、強い武士です。

つくづく金太郎の力強さ、
そして仲間に信頼が厚いことに感心していました。

ある日頼光は金太郎の母を訪ねます。
金太郎くんを私に預けてください。
きっと立派な武士に育ててみせますと。

金太郎は武士になれると聞いて心が躍ります。
母親は心配しましたが、
けっきょく頼光に金太郎をたくすことにします。

出発の日。

クマ、イノシシ、サル、
鹿、ウサギ…そして母が、金太郎を見送ります。

「金太郎、気をつけて行っておいで」
「金ちゃん、元気でな」
「たまには戻って来いよ」

「おう。おう。
みんな、おら立派な武士になって帰ってくるぞ!」

と泣く泣く別れるのでした。

こうして金太郎は源頼光につかえ、
後に坂田金時と名のります。

渡辺綱(わたなべのつな)、碓井貞光(うすいさだみつ)、
卜部季武(うらべすえたけ)と並び、
頼光四天王の一人としてその名をとどろかせます。

大江山の鬼を退治をしたのはゆうめいな話です。

最後に商品のご案内です。

「語り継ぐ 日本神話」
http://sirdaizine.com/CD/myth.html

日本神話のイザナギ・イザナミによる国づくりから
神武天皇までを『古事記』に基づき、現代の言葉で
楽しく、わかりやすく語りました。日本神話の全体像を
学びなおしたいという方、お子さんやお孫さんに伝えたいという
方の手助けとしても、どうぞ。
無料のサンプル音声を公開中です。ぜひ聴きにいらしてください。
http://sirdaizine.com/CD/myth.html

本日も左大臣光永がお話しました。
ありがとうございます。

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク