笠地蔵

昔々あるところに貧しいが心の優しいおじいさんとおばあさんが住んでいました。

ある年の暮れ、このままでは正月のおモチも買えないということでみの笠を作って町で売ることにしました。

「それじゃあ、ばあさん行ってくるよ」
「気をつけていってきなせえ」

おじいさんは大晦日の町で一日「かさいらんかえ」と売って回りましたが、不景気のせいか一つも売れませんでした。

「せっかくばあさんも手伝ってくれたのに、残念なことじゃのう」

帰り道、ちらちらと雪が降り始めます。峠に差しかかったときにはすっかり吹雪になりました。

ふと見ると、道端にお地蔵さんが六つ並んでいます。

「ひゃあ、こんな吹雪の中、笠もなくてはさぞお寒かろう。さあ、この笠で少しでも雪をしのいでくだせえ」

おじいさんはそう言ってお地蔵さんに笠をかぶせてやります。お地蔵さんは6つ、笠は5つしかなかったので、足りないぶんは自分の手拭をまいてやります。

笠は売れませんでしたが、何かとてもいい気分になっておじいさんは家に帰ってきました。

「おじいさんお帰りなさい。体が冷えたでしょう。早く温まってください。あれ、笠はどうしました」

「ばあさんすまん。笠は一つも売れんじゃった。でも帰り道にお地蔵さんが立っとったので、この吹雪で気の毒じゃから、かぶせてやったよ」

「まあ、それはよいことをしましたね。おもちなんて買えなくてもお湯と漬物でなんとかなります。お地蔵さんの役に立ったなら、売れるよりずっとありがたいことです」

おじいさんとおばあさんは、いい気分で床につきました。

そして……

お正月の朝が来ます。昨夜のうちに雪はやみ、まぶしい太陽の光が雪をてらし、キラキラと窓から差し込んでいました。

なんだか表がにぎやかです。楽しい歌と、おおぜいでワイワイいってる感じです。

おばあさんとおじいさんが外へ出ますと、

お正月のおもちや、飾り物、ご馳走やお菓子が山のように積まれています。

「ひゃー、これはどうしたことじゃ」

見ると、道を引き返していく六人のお地蔵さんの姿が見えました。お地蔵さんたちは振り返ってにこやかに手をふります。

「お地蔵さんたちが昨日のお礼をしてくれたのか」
「おじいさん、これでよい正月が過ごせますね」

おじいさんとおばあさんは、立ち去っていくお地蔵さんの姿を見て、手を合わせました。

解説:左大臣光永