八咫烏の導き

スポンサーリンク

剣の力で救われる

さらに南に迂回したカムヤマトイワレビコ一行は、熊野にたどりつきました。すると、大きな熊がちらりと姿をあらわします。一同ぎょっとしますが、熊は一瞬でガサガサっと草むらの中に姿を消しました。

「なんだったんだ…?ん?ぐぬぬ!」

その時、カムヤマトイワレビコはじめ、その率いている軍勢に、いっせいに体にしびれが走り、ばたばたと倒れていきました。毒に当てられ、気を失ったのでした。

一同が気を失って倒れているところに、一人の男があらわれ、腰の太刀を抜き、

「でやあ!!」

太刀を振るいます。すると悪しき神の伊吹はたちまちかき消え、カムヤマトイワレビコはじめ全軍が目覚めました。

「ずいぶん長く寝ていたものだ…
それにしても、よく我々を助けてくれた。
そのほう名を何ともうす」

「はっ。高倉下(たかくらじ)と申します」

「高倉下か。助かったぞ高倉下。礼を言う。
それにしても不思議な剣だ。
いったい、どういう由来の品なのか?」

高倉下が剣の由来を語ります。

「私が夢に見たことに、アマテラスオオミカミ、タカギノカミ二柱の神がタケミカヅチノカミをお召しになって、おっしゃられました。『今、葦原中国は乱れている。わが御子たちは、ひどく苦しめられている。葦原中国といえばタケミカヅチ、お前が言向けた国である。すぐに降って、私の御子たちを助けよ』。するとタケミカヅチノカミさまが答えておっしゃられました。『私自身が降るまでもございません。葦原中国を平定した時に使った剣があります。この剣を降しましょう。高倉下の家の倉の屋根に穴を開けて、その中に剣を降します』。さらに夢の中にタケミカヅチノカミさまが私におっしゃいました。『今剣を降した。さがせ。そして天つ神である御子さまに献上するのじゃ』と。それで、朝起きてから倉を探してみたところ、この剣を見つけたのです。なので、タケミカヅチノカミさまのお言葉にしたがって、献上したのです」

スポンサーリンク

そこへ天から高木大神(タカギノオオカミ)のお声が聞こえてきました。

「天つ神なる御子よ、これより先にすぐに入っていってはならない。
荒ぶる神々がひしめいていて、とても危険だ。今、天から
案内役として八咫烏を遣わそう。この八咫烏が、そなたたちを導いてくれよう。
ただ、その後をついていけばよいのだ」

その時、はるかの天から、

ギャア、ギャア、ギャア

烏が一羽、舞い降りてきました。

「お前が八咫烏かい」

「ギャア、ギャア、いかにも私が八咫烏です」

「道案内を頼めるか」

「ギャア、ギャア、そのために来たんです。
ついてきてください」

一同、力強い味方を得た気持で八咫烏の後についていきました。

名乗りの逸話

一同は八咫烏の後についていくと、吉野川の下流につきました。
そこに、川に罠をしかけて魚を捕っている男がいました。

「お前は誰か」

「私は国つ神で、名は贄持之子(にえもつのこ)と申します」

その地からさらに進んでいくと、尾のはえた男が井戸の中から出てきました。

「お前は誰か」

「私は国つ神で、名は井氷鹿(いひか)と申します」

それから、山に入っていくと、また尾の生えた男が、
岩を押し分けて出てきました。

「お前は誰か」

「私は国つ神で、名は石押分之子(いしおしわくのこ)と申します」

これら名乗りの逸話は、現地の首長が、
次々と降参・服従したことを示しているようです。

その後、カムヤマトイワレビコ一行は道のない山中を踏み分けて、
大和の宇陀へ越えて行きました。

≫つづき【エウカシと土蜘蛛】

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク