猿沢池の采女伝説

こんにちは。左大臣光永です。名所・旧跡を歩く楽しみは人それぞれだと思いますが、「アクションシーンを妄想しながら歩く」ととても楽しいです。たとえば城を歩く時は自分が忍者になった気分になって、こう、鉤縄をひゅるひゅるひゅる、ガスッと引っ掛けて、あそこの石垣のところに、よじ登って行く。月明りが照らす、忍者の影。すると、あそこで見張りが気づいて、ああっ、曲者じゃと声を上げる。ひょっひょっひっ。手裏剣を投げる…城とか歩くときは、私はいつもそんなこと考えてます。

さて先日、再発売しました「語り継ぐ 日本神話~神代篇」
http://sirdaizine.com/CD/myth.html

すでに多くのご注文をいただいています。ありがとうございます!
特典の「飛鳥・奈良の歴史を旅する」(全66回)は、6/15お申込みまでの
早期お申込み特典です。ご注文はお早目にどうぞ!

しばらくこの商品に関連して、神話や、伝説にまつわるお話をお届けしていきます。

本日は、奈良・猿沢池に伝わる采女伝説です。

▼音声が再生されます▼

http://roudoku-data.sakura.ne.jp/mailvoice/Uneme.mp3

猿沢池は興福寺の南側にあります。三条通りを奈良駅方面から歩いていくと、ぱあっと視界が開けて、そこが猿沢の池です。水面に興福寺の五重塔が映りこむさまは、絵葉書などでおなじみですね。周囲にはベンチが設置され、いつも人々がノンビリくつろいでいます。カメが多いのも、観察のポイントですね。

スポンサーリンク

もとは興福寺の放生池(ほうじょうち)だったといわれます。放生池とは捕えた魚を放すことで殺生を戒める、「放生会(ほうじょうえ)」とう儀式に使われる池のことです。

「澄まず濁らず、出ず入らず、蛙(かわず)はわかず藻は生えず、魚が七分に水三分」

そう歌われる七不思議のほか、猿沢池にはさまざまな伝説が伝わっています。特に『大和物語』に見える、采女の伝説が有名です。

奈良の帝…おそらく平城天皇にお仕えしていた采女(女官)が、天皇に一度だけ愛されてその後は愛されなかったことを悲しく思い、猿沢池に身を投げた、という悲しい伝説です。

むかし、ならの帝に仕うまつる采女(うねめ)ありけり。顔容貌いみじく清らにて、人々よばひ、殿上人などもよばひけれど、逢はざりけり。そのあはぬ心は、帝を限りなくめでたきものになん思ひ奉りける。帝召してけり。さて後、またも召さざりければ、限りなく心憂しと思ひけり。夜昼、心にかかりて思え給ひつつ、恋ひしうわびしく思ひ給ひけり。帝は召ししかど事とも思さず。さすがに常には見奉る。いかにも世に経べき心地し給はざりければ、夜みそかに出でて、猿沢の池に身を投げてけり。かく投げつとも帝はえ知ろし召さざりけるを、事のついでありて、人の奏しければ聞し召してけり。いといたく哀れがり給ひて、池の辺に行幸し給ひて、人々に歌詠ませ給ふ。柿本の人麿、

わぎもこが寝くたれ髪を猿沢の池の玉藻と見るぞ悲しき

と詠める時に、帝、

猿沢の池もつらしな我妹子が玉もかづかば水ぞひまなし

と詠み給ひけり。さて、この池に墓せさせ給ひてなん、帰らせおはしましけるとなん。

【現代語訳】

昔、奈良の帝にお仕えしていた采女(女官)がいた。顔も姿もたいそう美しいので人々が求婚して、殿上人なども言い寄っていたが、采女は逢わなかった。采女は帝のことを限りなく素晴らしい方と思い申上げていたからだ。ある時、帝が采女を召した。しかし一度だけで、二度とは召さなかったので、采女は限りなく悲しく思っていた。夜も昼も心にかかってお思いしつつ、恋しくわびしくお思いになっていた。帝は一度は采女を召したものの、別段何とも思われなかった。そうはいっても、采女は宮中で日常的に帝を拝見していた。采女はこのまま生きているのはいたたまれない気持ちになったので、夜ひそかに御所を抜け出し、猿沢の池に身を投げてしまった。このように采女が身投げしたことを帝は御存知ではなかったが、事のついでがあって、人が帝に申し上げたので、知られることとなった。たいそうひどく哀れにお思いになり、池のほとりに行幸なさって、人々に歌をお詠ませになった。その中に柿本人麻呂が、

わぎもこが寝くたれ髪を猿沢の池の玉藻と見るぞ悲しき

猿沢の池に浮かぶ水草を見ていると、わが愛しい人が寝乱れた髪を思い出して悲しい。

と詠んだ歌に、帝は、

猿沢の池もつらしな我妹子が玉もかづかば水ぞひなまし

猿沢の池も酷いなあ。わが愛しい人が池に飛び込んで水草がからんだなら、水を干上がらせてくれればよかったのに。そうすれば、彼女は死なずにすんだのに。

とお詠みになった。さて、この池に墓をお建てになって、お帰りになったということである。

三条通りから興福寺・春日大社方面に歩いきてぱあっと視界が開けると、そこが猿沢の池です。池のほとりに天皇が采女の霊を祀ったという采女神社があります。

小さな社です。猿沢の池に背を向けて社殿が立っているのに注目してください。これは自分が入水した池を見るのは忍びないと、クルリと回転したという話です。

また、池のほとりには、采女が飛び込む際に、衣をかけた衣掛柳が立っています。

発売中です。

「語り継ぐ日本神話 神代篇」
http://sirdaizine.com/CD/myth.html

日本神話を『古事記』に基づき、
現代の言葉でわかりやすく語った音声cd-romです。

今回再発売する「神代篇」は、
イザナキ・イザナミの国づくりから
アマテラスオオミカミやスサノオノミコトの活躍。天の岩屋、
スサノオの追放、ヤマタノオロチ、

そして稲羽の素兔からはじまる
オオクニヌシノミコトの出雲神話、
国譲り、天孫降臨、

ニニギとコノハナノサクヤビメ、海幸・山幸兄弟の対決、
ホオリノミコトとトヨタマビメの結婚。ウカヤフキアエズノミコトの誕生。

そして、カムヤマトイワレビコが日向から大和に至り、
初代神武天皇として即位し、さらに
神武天皇の後継者争いまでを語ります。

活き活きとした、時に破天荒なまでの
神々の活躍をお楽しみいただけます。
『古事記』前半の物語を語ります。

下巻「人代篇」とあわせて、ほぼ『古事記』の全体を
「語り」によって再現しています。
http://sirdaizine.com/CD/myth.html

▼すぐに申し込む▼
http://sirdaizine.com/CD/myth.html#order

▼「神代篇」「人代篇」特別セット価格で申し込む▼
https://sirdaizine.stores.jp/items/54d89cf9391bb30abe000ac5

本日も左大臣光永がお話しました。
ありがとうございます。ありがとうございました。

解説:左大臣光永