垂仁天皇(三)常世の国の木の実

スポンサーリンク

また天皇は、三宅連(みやけのむらじ)らの祖先で、
名をタヂマモリ(多遅摩毛理)を召しだし、おっしゃいました。

「タヂマモリ。海の向こうの常世の国には、
昼といわず、夜といわず、常に光を放つ
木の実があるという。行って取ってまいれ」

「ははっ」

こうしてタヂマモリの航海がはじまります。幾多の苦難を越え、
ついに常世の国に至ったタヂマモリ。

「おお。これが常世国の木の実か」

なるほど、昼といわず、夜といわず、常に淡い光を放っています。
見ているとぼうっとするほどの美しさです。

タヂマモリは葉がついたまま折り取った枝や、
葉が落ちて実だけになったのを折り取った枝を八組持って
ふたたび船に乗ります。

しかし、大和へ戻ってきた時すでに天皇は崩御あそばされていました。

そこでタヂマモリは、その持ち帰ってきた葉がついたまま折り取った枝や、
葉が落ちて実だけになったのを折り取った枝を二組に分け、
一組を皇后に献上し、一組を天皇の陵の戸口に置いて、
叫び泣いて、

「常世国の木の実をとってきましたぞーッ」

と、ついに叫び泣いて死んでしまいました。

その常世国の木の実は、今の橘のことです。

この天皇は御年153歳。御陵は菅原(奈良市菅原町)の御立野の中にあります。
奈良市尼ケ辻町字西池の宝来山(ほうらいやま)古墳がそれだと見られています。
古墳を囲む堀の中には、タヂマモリの墓とされるものもあります。

鑑真和上で有名な唐招大寺の、すぐそばです。

≫つづき【ヤマトタケル(一) 御子を恐れる天皇】

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク