飛鳥の亀石

スポンサーリンク

むかしむかし、奈良盆地がまだ巨大な湖だった時代のこと。

湖の西側の当麻地方にはたくさんのヘビが、
湖の東側の川原地方にはたくさんのナマズが暮らしていました。

亀石

ヘビとナマズはとても仲が悪かったのです。

「ヘビの奴ら、どうも気に食わねえ。あんな、にょろにょろしやがって」
「ナマズの奴ら、えらそうにヒゲなんか生やしちゃって」

日に日に、ヘビとナマズの対立は深まっていき、ついに武力衝突に至ります。

ブオッホー、ブオッホー、

「かかれーーっ!!」

わぁーー、わぁーー

湖の真ん中で激突する、ヘビ軍とナマズ軍。

戦は三日三晩続き、噛み殺される者、絞め殺される者。双方の死傷者は数万匹におよびました。

結果は、ヘビ軍の勝利です。しかし…

「勝ちはしたが、われわれも多くを失った。それもこれも、ぜんぶナマズ軍のせいだ」
「そうだそうだ!」
「ナマズ軍、許すまじ!」

ヘビたちは口をいっぱいに開け、湖の水を飲み込みます。んぐ、んぐ、んぐ、見る間にヘビの体はマンボウのようにパンパンにふくらみ、ふくらみ切った所でヘビたちは当麻地方に引き上げて、げーっと水を吐き出すのでした。

こんなことを、何千匹というヘビが毎日やったのだから、たまりません。

「やめてください。これでは湖が干上がってしまいます」

「やかましい。ナマズのくせに」

とうとう湖がカラカラに干上がってしまいました。

スポンサーリンク

さて湖にはたくさんのカメが住んでいましたが、かわいそうに、みんな死んでしまいました。ヘビとナマズの戦のとばっちりで、何の罪も無いカメたちが死んだのです。気の毒な話です。

「おうおう…可哀想に…」

村人たちは、死んだ亀たちを供養するために、この地方に「亀石」を作りました。

ところがこの亀石、長い年月の間に、何度か向きが変わっています。

はじめは北を向いていました。

ある日、村人が亀石の前でぱんぱんと手をあわせていました。
すると、

ズガーーン

いきなり、亀石が飛び上がります。

「う、うひいい」

亀石は上空20メートルほどの所で回転しながら目からあやしい光を放ち、むーんむーんと不気味な音を発したかと思うと、くるり東に向きを変え、

ズガーーン!!

ふたたび大地に落ちます。

そして数百年の月日が流れました。

ある日、村人が亀石の前でぱんぱんと手をあわせていました。
すると、

ズガーーン

いきなり亀石が飛び上がります。

「う、うひいい」

亀石は上空20メートルほどの所でゆっくり回転しながら目からあやしい光を放ち、むーんむーんと不気味な音を発し、そして、くるり南西に向きを変え、

ズガーーン!!

ふたたび大地に落ちます。

この時南西に向いたままの姿で、亀石は現在に至ります。

そして近い未来のある日、
親子連れの観光客が、亀石の前でパチッと記念写真を撮っていると、

ズガーーン

いきなり亀石が飛び上がります。

「う、うひいい」

亀石は上空20メートルほどの所でゆっくり回転しながら目からあやしい光を放ち、むーんむーんと不気味な音を発し、そして、くるり西に向きを変え、

ズガーーン!!

ふたたび大地に落ちます。その時、

ゴゴゴゴ…ゴゴゴゴ…

不気味な地響きが起こり、西の空に黒雲が立ち込めます。

それが、恐ろしいことの始まりでした。

(亀石が西を向き、当麻地方をにらみつけた時、奈良盆地は泥の海と化すと伝えられています)

解説:左大臣光永

音声つきメールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」のご案内

現在18000人以上が購読中。

メールアドレスを入力すると、日本の歴史・古典について、楽しくわかりやすい解説音声を無料で定期的に受け取ることができます。毎回10分程度の短い解説で、時間を取りません。楽しんで聴いているうちに、日本の歴史・古典について、広く、立体的な知識が身につきます。スマートフォン・Androidでもお聴きになれます。不要な場合はいつでも購読解除できます。

いつも使っているメールアドレスを入力して、 「無料メルマガを受け取る」ボタンをクリックしてください。次回からお使いのメールアドレスにメルマガが届きます。

≫詳しくはこちら


スポンサーリンク