昔話の朗読音声を無料ダウンロードする

「桃太郎」「ぶんぶく茶釜」など有名な昔話の朗読40本以上を、無料でお聴きいただけます。学校教科書付属CD・スマートフォン用アプリ等で採用されているプロの朗読です。お子様の情操教育に。読み聞かせのお手本としてもご利用ください。メールアドレスを入力して、「朗読をきく」を押してください。すぐに専用ページにアクセスできるurlをメールでお届けします。

▼声はこんな感じです▼

以下、注意事項です。

↓↓↓

↓↓↓

●メールマガジンの読者サービスとして無料でご提供するものです。後日、メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」をお送りさせていただきます。内容は、日本や中国の古典・歴史についての毎回10分程度の音声つき解説です。
●ご利用は完全無料です。不要な場合はいつでも配信停止できます。

当無料ファイル送付とメルマガ配信以外にメールアドレスを使うことはありません。第三者に開示することはありません。

以上、ご了承いただける方のみ、ダウンロードしてください。

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

下の「空メールから登録」のリンクを押すとメールアプリが立ち上がるので、件名・本文は空欄のまま、送信してください。折り返しメールボックスにダウンロードリンクが届きます。

≫空メールから登録≪

QRコードによる登録

QRコードからも登録ができます。QRコード読み取りアプリを立ち上げて、下のQRコードにスマートフォンをかざして、空メール(件名・本文共に空欄のメール)を送信してください。折り返しメールボックスにダウンロードリンクが届きます。

手動アドレス入力による登録

空メール登録・QRコード登録がうまくいかない場合は、以下のフォームにメールアドレスを手動で入力し「朗読をきく」を押してください。折り返しメールボックスにダウンロードリンクが届きます。※メールアドレスの入力間違いが増えております。入力間違いにご注意ください。

朗読 左大臣光永




TAMA市民大学での講義の様子

左大臣光永。左大臣プロジェクト運営委員会代表。

古典・歴史の「語り」と、インターネットによる音声配信を組み合わせ、日本でただ一人「語り」を個人で専業事業として行っている。

学習院大学ドイツ文学科中退。

20代は漫画家を目指していたが、まったくデビューできず、才能の無さを思い知る。

30代はじめに諦めて就職活動をするも、あまりのアホらしさに一社でやめる。そして「インターネット販売で食べて行く」と決める。

若い頃から夜の墓場や神社で『平家物語』などの古典を大声で暗誦するのが日課だったので、「これを商売にする」と決める。

しかし、初めてメールマガジンで売り込みをした時は3000円のCD-ROMが1枚しか売れず、ガクゼンとする。かかった手間を考えると時給2円くらい。

その後、文章の書き方などを工夫し、じょじょに売上が上がっていく。3年ほどで「語り」だけで生活できるようになる。

現在、メールマガジン「左大臣の古典・歴史の名場面」は読者数21000人以上。

メールマガジンを通して講演や舞台劇・脚本などを頼まれる機会も多い。

仕事履歴



お寄せいただいたご感想より

たくさんの名作朗読を楽しみにしています。

光永隆 様

すばらしい朗読をお送り頂きありがとうございます。
心より感謝申し上げます。

私の母が壇ノ浦を暗唱しておりました。
上原まりさんの平家物語のCDも聞いております。

あまり時間がとれないので少しづつになりますが,
勉強させて頂きます。

たくさんの名作の朗読集を楽しみにしております。

「むかしばなし」を聴くとホッとします。

正直申し上げて、理解は出来ていないと思いますので返信は遠慮しておりました。

定年退職後、今、簿記とパソコンを習っています、60の手習いどころか、若い方に交じって簿記2級に向けて1日8時間の授業にくたくた状態の時 出会ったのが、島崎藤村の初恋が始まりでした。

毎日の疲れから、また家庭での勉強の時、男性が煙草を吸うような、そんな休憩から始まりました。

今、1日に何度となく聴き入っています。感想とかは未だ何も申し上げられないのですが、 今の自分にとっては有りがたい時間になりました。

今は夏休みで制約の無い勉強時間の合間に「むかしばなし」を聴き入っていました。 何かホッとします。それが今の私の感想です。

また、違った感想をお伝え出来ると思いますが、いまの正直な気持ちです。

有難うございました。

(T.T.さま)

日本語が大好きで、毎日勉強しています。

私は中国人だが、日本語が大好きですから、毎日勉強しています。先日、インターネットで日本語の資料を探していたときに貴方のウェブで面白い本をダウンロード出来ました。誠にありがとうございます。

(中国 Rさま)

下の「空メールから登録」のリンクを押すとメールアプリが立ち上がるので、件名・本文は空欄のまま、送信してください。折り返しメールボックスにダウンロードリンクが届きます。

≫空メールから登録≪

QRコードによる登録

QRコードからも登録ができます。QRコード読み取りアプリを立ち上げて、下のQRコードにスマートフォンをかざして、空メール(件名・本文共に空欄のメール)を送信してください。折り返しメールボックスにダウンロードリンクが届きます。

手動アドレス入力による登録

空メール登録・QRコード登録がうまくいかない場合は、以下のフォームにメールアドレスを手動で入力し「朗読をきく」を押してください。折り返しメールボックスにダウンロードリンクが届きます。※メールアドレスの入力間違いが増えております。入力間違いにご注意ください。